会社情報

Human Delightの理念

これからの日本の「人材」と日本の「人財」(日本の財<タカラ>である中小企業)を結ぶ

  • 人づくり 官学民が連携し地域経済を支える若者のキャリアデザインを養成する
  • モノづくり 地域資材となるモノづくりの発展に貢献する
  • 町づくり 人とモノが地域経済を支える町づくりをプロデュースする

Human Delightについて

Human … あらゆる人間社会をつかさどる「人」に / Delight … 喜び、幸せに導く「輝き」を

このHuman Delight【ヒューマン・ディライト】という社名を
気持ちを込めて名付けました。

代表のメッセージ

日本と若者の未来のために 代表取締役社長 野田 万起子

100年に一度のリーマン・ショック、未曾有の東日本大震災を経験した日本は、それ以前から抱えていた「少子高齢化」「生産労働人口の減少」「首都東京一極集中」の課題が潜在化してきています。
かつてない人災や震災を経て、人々の心理にも大きな影響、変化が起こるようになりました。

それは「何をもって人生の幸せと考えるか」ということだと思います。戦後、高度成長期を迎えた日本は、国の復興こそが豊かな生活をもたらすと、まさに死に物狂いで勉強し、働いてきました。その先人の努力によって今の平和で豊かな日本で生活できていることは言うまでもないことです。

では、今の時代を担う私たちは、そしてこれからの日本を支える若者・子供たちは、どのように日本の未来を創っていくことが求められているのでしょうか。それは、日本を支える全ての「人材」が日本の「財」を継承しつつ、新しい産業を興し、豊かな「地域」ひいては「日本」を創っていくことだと考えます。

私は、これからの日本を支えていく生産年齢人口(15歳以上65歳未満)の入り口期のティーンエイジャーが、その歳から幸せになる『人生観』や『仕事観』を学び醸成し、未来の日本の「人財」(タカラ)となっていくための一助を担いたいと思っています。

【代表略歴】

静岡県静岡市生まれ 東京国際大学 経済学部 国際経済学科卒、米国オレゴン州TIUアメリカ校(WILLAMETTE大学内)卒後、1993年株式会社ベンチャー・リンク入社(2001年東証一部上場)、2010年同社取締役に就任。2011年に同グループよりMBOにより独立、インクグロウ代表取締役社長就任。2015年同社取締役会長となり2010年に静岡に設立したHuman Delight株式会社の代表取締役を務める。(2017年2月 インクグロウ株式会社 取締役を退任)20年以上、全国の地域金融機関の支援業務に携わり、中小企業の活性化に向けたビジネスマッチングの取り組みを行う。近年は、地方自治体の地方創生に関するプロモーションの支援に従事する一方、政府が推奨する「女性の活躍推進」の一環として、経済産業省「女性起業家等支援ネットワーク構築事業」において広域関東圏の静岡県の主宰として取り組む。

【現職】

一般社団法人日本展示会協会 理事(女性の活躍推進委員会 委員長)
国立大学法人静岡大学経営協議会委員
静岡市創生会議委員
一般社団法人静岡県人会 理事
一般社団法人神奈川ニュービジネス協議会 理事
株式会社富山銀行 社外取締役

会社概要

会社Human Delight株式会社 (ヒューマンデライト)
代表者名野田 万起子
設立2010年12月
所在地
【本社】
〒420-0836
静岡市葵区東町1番地の2 ポレスター静岡ランドマークスクエア501号
電話:054-255-7109
【東京オフィス】
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2丁目13番 神保町藤和ビル4F
電話:03-6370ー0599
fax:03-6733-7727
事業内容
  1. シティプロモーションまとめサイト「シティプロ」企画運営
  2. 地方創生に関わる支援業務(シティプロモーション企画運営)
  3. イベント企画・制作・運営業務の事務局代行
  4. 女性起業家等支援ネットワーク構築事業(経済産業省事業)
(50音順表示)
パートナー企業 (50音順表示)
↑ページのトップへ戻る